社長様の年金のことなら社会保険労務士法人T&M | 社会保険労務士法人T&Mでは社長様の年金について詳しくご説明をしております。

社会保険労務士法人T&M
ブログ
2019年09月05日 [Default]

年金支給停止の仕組み

年金支給停止の仕組み

60〜64歳の老齢厚生年金受給者が就職し、社会保険に加入すると、その収入に応じて標準報酬月額や、標準賞与額が決定します。標準報酬月額や、標準賞与額から総報酬月額相当額(だいたい年収の1/12)が算定されます。

総報酬月額相当額と年金月額の合計額が28万円以上であればその超えた部分の全部または一部が支給停止されます。65歳以降は支給停止の基準となる月額は28万円⇒47万円と緩和されます。65歳未満では支給停止となる基準の額が低いため、低収入であっても年金が支給停止となる可能性が高くなります。


PageTop